レーシック_ImgPic

レーシックの手術後にパソコンを使ってみた

私は3年ほど前にレーシックの手術を受けました。
手術前も今も変わらずパソコンを一日中使う仕事をしています。

手術後1週間~2週間程は、テレビやパソコンなどの画面が明るく見えるような感覚がして
目が疲れやすかったのですが、仕事に支障が出るほどではありませんでした。

レーシックをしてから1~1年半くらいはドライアイの様に目が少し乾くような感覚が気になっていたので目薬をマメにつけていて、今でも気になったときはよく付けるようにしています。

一日にパソコンを使っている時間は約7時間ですが、
今は何の問題もなく毎日スムーズに仕事が出来ています。

術後日頃から目を大切にすることを心がけるようにしました。
お医者様からはテレビを30分見たら目を休ませる為に10分は休憩した方が良いと言われました。

小学校でも習うようにこれは当たり前のことだと思いますが、
なかなか出来ないのが現実かもしれません。

しかし、こんな当たり前のことを毎日続けているだけで少しは目を守ることが出来ると思います。

仕事の合間には時間が許す限り外で遠くの景色を見たり、緑の植物を見たりして目を休めることがありますが、目の緊張感が取れてスッキリします。

また、あまり時間が無い時には蟀谷の近くを親指で押してマッサージすることもあります。
折角取り戻した視力で簡単には視力が落ちないと言われていてもこういった日頃のケアをして視力を守っていくことも大切だと感じました。

人によってはhttp://www.sonatarestaurant.com/9.htmlに載っているようなリスクが生じ、
それは個人差があるそうですが、私の場合は夜景や夜の街灯がついこの間までぼやけて少し見えずらかったのですが、
これが無い人も居るそうですので手術を検討している方はよくお医者様に相談してみたり、
口コミを調べておく必要があるかと思います。

因みに私が受けた切っ掛けは友人でした。
友人の術後の経過を見たり、話を伺ったりしているうちに病院を紹介してもらい
手術を受けることにしました。
友人からの紹介だと安心できますし、こういった体験談も何かの役に立ってもらえればと思います。

術後の仕事への不安、生活への不安、術前は様々な不安を抱えている人が多いと思いますが、
術後後悔をしたことはありません。

まだ3年しか経っていませんが、今も視力は大して落ちていません。
それに仕事も生活も術前に比べれば十分過ぎるほど何の問題もなくこなせています。

眼鏡を買う事もありませんし、コンタクトを買いに行くことも、見えなくて目を細めることもありません。
私の体験談で少しでも不安が解消されたのなら先ずはお医者様に相談してみてください。
レーシックが何をもって成功とするのか、レーシック成功の定義をご覧ください。

▼レーシック手術が盛んな国のレーシック事情はこちら