レーシック_ImgPic

安全性第一のレーシック手術を受けました

以前からレーシックを受けてみたい。
と、思っていましたが、どうしても決心する事ができませんでした。

何故なら、一応手術になるのだしその手術を受けて本当に視力が回復するのか、
その手術は安全に行わるのか、後々感染症などに罹ってしまう事はないのかどうかを
どうしても確認してからでないと受け入れる事はできなかったからです。

また、テレビや新聞などの情報からレーシック手術を受けて感染症に罹ってしまい、
失明の危機に陥ってしまった人がいるなどの報道されるのを聞く度に、恐ろしくなってしまったからでした。
失敗してしまった方たちを通常レーシック難民というのですが、このレーシック難民いついて詳しく解説されているサイトがありますのでご覧ください。

でも、実際にその手術を受けた人がいて視力を回復し、メガネやコンタクトレンズなしで
快適な生活を送る事ができる様になった人もいる事は分かっていたので、
そのジレンマにかられ、どうしようかと本当に悩んでいました。

私は、中学生の頃から急に視力が悪くなり、高校に行く頃になるとメガネを利用しないと黒板の文字が読めないなどの障害が出て来てしまったので、それからずっとメガネを愛用しています。

でも、どうしてもメガネでは外出できない場所などがあって、そんな時はコンタクトレンズを利用しています。
どちらもそんなに便利な物ではありません。

メガネをファッションの一環と捉えれば良いのかも知れませんが、
それもできない時があって大変不自由していました。

そんな時にこの便利な視力回復方法を知ったので、ずっと興味を持っていたのでした。
でも、安全性を確実に確認するまでは自分では行わないと決めていました。
恐怖感には勝てなかったのです。

でも、友人がレーシック手術を受け視力が元通りに回復したとの知らせを受けました。
これには本当に驚きました。

理由は、友人が視力が悪い事で悩んでいて実際にこの手術を受けたからでした。
その友人の勇気に感服してしまいました。
そんな友人の後押しもあり、自分で利用してみる決意を固めたのでした。

早速病院に連絡をし、予約を取りました。
問診と簡単なテストを受け手術する日取りを決めました。
手術前に行う適応検査についてはhttp://www.omgitsfree.com/tekioukennsa.htmlのサイトで詳しく解説されています。

その時、医師は絶対安全だから安心していて大丈夫だと説明してくれました。
その間もドキドキしていて、手足の震えが止まりませんでした。
手術の当日が来て、病院に行き医師からの説明どおりの処置が行われました。
驚いた事に、前日まであんなに恐怖感を感じていたのに、当日は案外冷静で落ち着いていました。

手術はあっと言う間に終わり、少し休んで家に帰りました。
主な手術の流れはこちらhttp://www2.packages.jp/gs.html

翌日には、ずっと以前に感じていた快適な視野を確認する事ができ、本当に嬉しかったです。
安心して治療を受けるために、レーシック費用と医院選びもご覧ください。