レーシック_ImgPic

レーシックをしたら医療費控除を受けられることに

娘がレーシックの手術をしたので、今年は医療費控除を受ける予定です。

うちの医療費は年間10万円は超えないのですが、家族の総額を合計すると10万円を超えることになりました。
初めての医療費控除で何をそろえればいいのか、
何に注意すればいいのかを簡単にまとめてみます。

まず、はじめにしたのが税務署のホームページを見ることでした。
書類の不備があると何度も足を運ばなければならないからです。

必要となる書類のひとつとして、医療費控除の申告書をダウンロードすることでした。
これは税務署でもいただけるしその場でも書けますが、一度やってみようとダウンロードに挑戦したのです。

そして、今までかかった医療費の明細書を領収書、交通費の明細書などを集めて娘と夫と私とかかった金額をエクセルで表にしてみました。

今回娘の手術は最高級とするもので32万。
それを友達紹介で5万円引いていただいて27万。
そのほか風邪などの小さな医療費を合わせて28万4千円となりました。

それに、私の医療費は1万1千円。
主人が5200円。
合計、295200円。
これがすべての医療費となりました。

ここだけの話、薬局で買った風邪薬なども領収書を集めていたらよいと聞きましたが、
無くしてしまってもったいないことをしました。
それを主人の源泉徴収票をもって、税務署に提出するわけです。

源泉徴収票は、原本を張り付けるのでコピーではいけないらしいです。
今回こんなにいろんなことを知ったのが、レーシックを受けた眼科でいろいろと説明をしてくれました。

それまで、申請することも申請方法も可能であるかどうかも知りませんでした。
今までの医療費が全額戻るというわけではありません。
あくまでも控除ですから。

ただ、いくら戻るかは今現在ではわかりません。
生計を共にする家族も一緒に受けれることをもう少し早く知っておけば、もっと医療費の領収書や薬局の領収書を集めておいてたかもしれません。

ただ、聞いた話ですがレーシック手術が確実に控除の対象になるかどうか税務署に聞かないとできないところもあるらしいのです。
そのことも知りませんでした。

いまは、税務署へ行き、簡単に申請ができるかどうかドキドキ状態で待っています。
今から書類の不備がないように、エクセル表と領収書と申請書を構えています。

余談ですが、人間ドックなどの健康診断はダメらしいです。
もちろん、病院までのガソリン代もです。
タクシー代はいいのにおかしいと思ったところもありました。
また、レーシックと医療保険の関係も気になる方はご覧ください。
http://xn--pckp0b6k2cz34u978ecuza.com/