レーシック_ImgPic

レーシック治療を受けた時の運動制限

スポーツする事が大好きな私は、もしスポーツする事ができなくなってしまう事がある事など
考えた事すらありませんでした。

何故なら、私の人生いつもスポーツと一緒に歩んでくる事ができたからです。
でも、そんな時いつも気になっていた事がありました。

それは、私は視力があまり良くないので常に眼鏡やコンタクトレンズを利用しないと
外を歩く事ができなかった事でした。

当然、スポーツをする時も眼鏡やコンタクトレンズは欠かす事のできない物だったのですが、
これが意外と不便な物でした。

何しろ、少しスポーツをして汗をかいたりすると眼鏡が曇ってしまうし、
コンタクトレンズだとスポーツの激しい動きで何度かレンズを紛失してしまった事があったからです。

汗を拭きながら眼鏡を掛けるのも不便だし、紛失したコンタクトレンズを購入するにもお金が掛かるしで、どうしようかと思っていました。

そんな時に便利な方法として、レーシック治療を受けようと考えました。
この手術を受けて成功すると、もう二度と眼鏡やコンタクトレンズを使う必要がなく、
自分の目で快適な視野を確保する事ができるので、便利であるからです。

でも、レーシック手術を受けた後は運動制限を受ける事があると聞いたので、
どうしようかと考える様になってしまいました。
何故なら、少しの間でもスポーツをする事ができない期間ができてしまうなど
考えた事がなかったからです。

また、スポーツは私の生き甲斐でもあったので運動制限を受ける事によって、
ずっとスポーツする事ができなくなってしまうのではないかと言った様な恐怖心を持ってしまったからでした。

でも、手術を受ける事で今までの様な矯正道具を使う必要は二度と無くなるので、
一度我慢をすると後は一生快適なスポーツライフを送る事ができる事は、大きな魅力の一つでした。

どうしたものかと思索を続けている内に一年が過ぎようとしていました。
あまりにも時間が経ってしまったので、治療を受けようかどうか考えなくなっていたある日、
同じスポーツ仲間の一人がレーシック手術を受けて正常の視力を回復したと聞き、
うらやましいやら何やらでどうしようもなくなりました。

こんな事をしていてはいけないと思い、私も思い切って手術を受けてみる事にしました。
手術は無事に成功しました。

暫くの間、運動制限を受けてしまいましたが、それも過ぎてしまえばあっという間で
趣味のスポーツを再開する事ができる様になりました。 また食品やサプリメントから摂る視力回復法もあるそうです。

イソフラボンhttp://xn--eck7bvd2a5dzc.biz/kanri.htmlはアントシアニンがの含有量が多く視力回復効果につながるといわれています。