レーシック_ImgPic

レーシックで永久的に視力回復しよう

以前の私はコンタクトレンズの装着やメガネをつけることに日々小さなストレスを感じていました。

不意のお泊りにコンタクトのお手入れ道具を持っていなかったり、
海や プールでコンタクトを不意に流されてしまったり…。
そんな不便を簡単に解消してくれる、レーシック手術というものがあると聞き、
少し不安ではありましたが受けてみる事にしました。

事前の検査が必要なものの、手術自体は 10分程度で終わりました。
検査から手術まで流れるように進んでいき、初めに抱いていた不安をあまり感じることなく
スムーズに終わりました。

事前検査では手術が受けられるかどうか、医師が判定 してくれます。
視力検査も行います。
こちらにレーシックを受けられない人について書かれていますので、参考にしてください。

実際に手術を行う機械は何種類かあり、その性能によっても手術費用が異なってくるので、
どの機械でどのような方法で手 術をするのが合っているのか、検査と一緒に行われる手術の説明の時はしっかりと聞いておきましょう。

一番安いものでは10万円以下で手術が受けられることもあります。
永久的に視力が回復させることができますが、プランによっては保障の期間が限られている場合もあり、その点も手術のコースを選ぶ際にしっかり 考慮しておきましょう。

検査を受けた後は何回か事後の検査をする必要があります。
視力回復は手術の後、すぐに実感することができます。
麻酔をかけているので手術直後は何も見えません。
ぼんやりして、まぶしく、目を開けるのも困難なほどです。

手術直後は保護としてゴーグルのようなメガネをかけて移動し、
家まで導いてくれる家族や友人が必要になるほど視力がありません。

不安になると思いますが、だんだんと目が開けられるようになり
裸眼でもこんなに見えるようになるのかと感動を覚えるようになるでしょう。

早い方で手術後の数時間ではっきり見えるようになります。
手術の後は消毒の目薬をさす必要があり、病院から指示された間隔で忘れずに点眼をしましょう。
といっても、多少の痛みはありますので、ずっと目のことが気になって当日は点眼は忘れないと思いますが。
手術後、視力が回復して2週間程度は点眼をし続ける必要があり、回復してからは点眼し忘れてしまうことがあるので注意が必要です。

点眼薬がなくなってしまった場合は事後の病院での検査時にもらえますので、
処方してもらいましょう。

手術と聞いてハードルが高く感じられてしまうかもしれませんが、
レーシック手術を受ければ永久的に視力を回復させることができますので、
手術をうける価値は十分にあるといえるでしょう。

便利ですので、ぜひ考えてみてはいかがでしょうか。

近年、このレーシック手術を受ける方が増えてきています。
みなさんも知っている有名人でも受けている人が多いです。
全員ではありませんがレーシック手術を受けた有名人一覧がこちらにあります。
人気のタレントや歌手、アイドル、スポーツ選手など非常に多くの方が視力回復に成功しています。