レーシック_ImgPic

遠視でしたがレーシックで回復しました

長年、遠視と乱視の両方を患っていた私は、いつも眼鏡やコンタクトレンズを使って矯正しないと物が見えない状態でした。
遠視は一般的に遠くの物が良く見えるのだから眼鏡などは使わなくても大丈夫なのではないかと思われているのですが、そんな事はありません。
眼鏡やコンタクトレンズなどで矯正しないと良く物が見えません。
又、私の場合乱視もあるので、物が飛び散って見えたりして眼鏡なしでは何処にも行けないのです。
こんな不便な状態を何とか打開したくて、前から興味のあったレーシックを受けて見ようかと思う様になりました。
以前からずっと興味を持っていた治療方法でしたが、恐怖の方が先に立ち、どうしてもその治療方法を選ぶ事ができませんでした。
そんな事をしている内に時間ばかりがどんどん経ってしまい、どうする事もできずにいました。
そんな時に、たまたま読んだ雑誌の中である芸能人がレーシックを受けて、視力が回復し今では自分の仕事はもとよりボランテア活動にも力を入れる事ができる様になったと言って、喜んでいました。
それだけの事なら、何処にでもある様な事なので、別に驚く事もなかったのですが、雑誌ではそればかりを伝えていたのではなく、治療方法や料金、手術後の体験談を詳細に掲載してくれていたのでした。
私は、食い入る様にその記事を何度も読みました。
もしかしたら私にも出来る事かも知れないと思う様になり、真剣に調べてみる事にしました。
調べて見ると、この治療方法が効果的である事や料金も病院によって違う事が分かり、良く調べてから治療を行えば殆ど感染症の危険もない事が良く分かりました。
感染症は、この治療を受ける中で一番怖くい副作用の一つであると考えていました。
ですから、評判の良い病院を選んで治療を受ければ感染症には、殆ど心配する事がない事が分かったのです。
そうなってくると、いつも頭の中ではレーシックの事で一杯になり、常に考える様になっていました。
このままではストレスが溜まってしまうと思ったので、治療を受ける事にしました。
ずっと調べてきて評判の良い病院で治療してもらったので、怖さを感じる事もなく治療は順調に済みました。
終わってみると何だか拍子抜けするほど簡単で、びっくりしてしまいました。
今では、透明感のある日差しをゆっくり鑑賞できる様になり、世界はこんなに明いのだと再認識する事ができました。
思い切って治療を受けて本当に良かったと思いました。