レーシック_ImgPic

レーシックの後遺症について考える

最近急激にレ-シックをする人口が増えてきています。
その背景には、ゲーム等の影響により、子供のころから目が悪くなる人が急激に増えてきている事があると思います。
昔レ-シックはなかなか簡単に手が出せない料金だったのに対して、今では誰もが簡単にできるほど料金が安くなってきています。
よく目にする激安料金の広告。
誰もが目にとめ、この値段なら私にもできると思い手を出す人が多くなりました。
レーシックが安い理由こちらも是非ご覧ください。
しかしニュースで激安レ-シックのずさんさがメディアに取り上げられ、問題となりました。
今までおおやけにならなかった失敗例や後遺症が世間にしられる事になったのです。
たとえば、角膜炎症やドライアイ等の合併症、感染症を起こしてしまう。
手術で視力が回復せず逆に視力が低下してしまう。
この失敗例の原因は、医師の技術不足、病院の衛生管理の不備です。
中でもレ-シックの失敗例の中で最もリスクが高いのは感染症です。
日本国内で確認された感染症を紹介したいと思います。
角膜の炎症(赤み、腫れ、かゆみ)。ハロ・グレア現象(明るい光が通常よりもまぶしく感じる)。等があります。
こういった感染症にかかってしまう人は患者全体の0.01%未満だといわれています。
レーシックによる失明を心配する方も多いそうですが、失明の危険はないそうです。
世界中でみると年間百万人がレーシック手術をうけていますが、手術が原因で失明した人は一人もいないそうです。
レ-シックの後遺症を防ぐためにするべき事はなんなんでしょうか。
これらは事前の情報収集やインフォームド・コンセントによってリスクを回避できるものが多く、また感染症にかかった後、治療や再手術を受けられないことによる問題も多く見られます。
実際、医療機関について手術前に十分な情報収集や説明会に参加するなどすれば、不衛生な環境で手術を行うクリニックや著しく技術が未熟な医師に当たってします可能性がきわめて低く、リスクをほとんど取り除くことができるそうです。
万が一の後遺症が残った際に、きちんとした保障や再手術を受ける事ができるよう、手術前に契約の確認をしておくことが大切です。
保障について十分な説明を行わない、曖昧に濁すクリニックはやめておいたほうがいいでしょう。
近年では数万円の格安を売りに背の低い手術を行う悪質な商法もあります。
こうした商法にひっかからないために、両眼の手術の相場はおよそ20万円前後と知っておくことが大切です。
また、レーシック手術直後はドライアイになりやすいみたいなのですが、この症状は目薬によって治る場合が多いようです。
こちらにレーシックの費用と保険が詳しく書かれていますので、ご覧ください。